この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

物販ビジネスが奨励される理由

試行錯誤しながらマーケティングする

岩松勇人さんが気付いたことは、物販ビジネスは、最初から金額の大きなものを扱わなければ、大きな失敗をしないということでした。教えを忠実に実行していても、リサーチ力が甘かったり、社会情勢を読み間違えていたりすれば、失敗してしまいます。

その失敗を大きくしない為にも、まずは小さなところから始めて、テストを繰り返して大きく発展させていけば、どんな人も失敗しません。

テキストを読んで、理解した気になって、一気に大きくビジネスを展開していくよりも、最初は小さな物から試して、リサーチ力を磨き、試行錯誤を繰り返しながら、ビジネスを展開させていく方がリスクも低くてすみます。物販ビジネスは、試行錯誤できるビジネスなので、初心者でも成功しやすいビジネスなのです。

自在にコントロール出来るビジネス

自分でコントロールできないことをビジネスにしてしまうと、儲けるも損するのも先方次第ということになります。今月の収入がいくらになるのかも、運任せでは、ビジネスとは呼べません。

物販ビジネスは、仕入れ先、販売先、販売価格や数など、商品に関わること全てを自分でコントロールできます。その商品を流通させるかまでコントロールできるのです。

そして、ただなんとなくこの商品を仕入れて売るというのではなく、この商品は、こういう理由があって、どの年代の人が、どれだけ欲しがっているから、どれだけ仕入れて、この販売価格をつければ売れるという根拠があれば、確実に売れます。収入になります。

物販ビジネスは、そういう点から、初心者でも成功しやすいビジネスだといえます。


TOPへ