この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

在宅ビジネスをやってみたものの

セミナー地獄

ビジネス書は読んだものの、ほとんど独学でビジネスを始めた岩松さん、ビジネスセミナーに参加して自身のビジネスの問題点を知ろうとしました。しかし、セミナーでは、一人の講師に対して受講生が数十人もいて、万人に共通することしか言ってくれませんでした。受講生とも話をしましたが、同じレベルの人どうし、傷を舐めあうばかりで焦燥感が募る日々を送っていました。

そんな生活に嫌気が差し、これで最後にしようと参加したセミナーで、衝撃的な出会いをします。そのセミナーのゲストとして来ていたその人は、他のどの講師も話した事のない別次元の話をしていました。

難しくて理解できない部分もありましたが、教えを請うならこの人しかいないと思った岩松さんは、その人に個人コンサルをお願いしました。

知っているか知らないかの違いだけ

一度は断られたものの、運命が味方したかのような偶然の再会で、チャンスを掴んだ岩松さん。その人から教えを請うことが出来ました。

岩松さんは、その人物をメンターと呼んでいます。メンターから、物販ビジネスについて成功への道筋を教えてもらう岩松さん、最初の授業から考え方の違いを思い知らされます。

メンターの指導の下、物販ビジネスを再開する岩松さんは、確実に結果を出していきます。これまで、一月に10万円収入があるかないかだったのが、月に100万稼げるようになります。

この違いは、成功する道を知っているか否かの違いなだけなのです。それだけでこんなにも差がついてしまうのです。

そして次々に正しいルートを辿り続けた岩松さんは、数年で年収が億を超える金額になりました。


TOPへ